代表挨拶

代表取締役社長

堀 恵介

創業以来、大切にしてきたのはクオリティ。

私たち光潮社は1933年から、写真館の運営を続けてきました。
創業当時も今も変わらず大切にしているのは、「写真の出来上がりにこだわる」ということ。最近は背景のバラエティなどの部分に注力するスタジオも増えましたが、私たちはライティングやカメラを向ける角度といった技術が生み出す、クオリティこそが重要と考えています。

被写体となる方の良いところをいかに見抜き、美しく表現するか。弊社のお客様には目の肥えた方が多く、写真の出来上がりにも高いレベルが求められます。そんな方々のご期待に応えるべく研鑽し、それを評価していただいているからこそ、現在の立ち位置を築くことができたのだと自負しています。

一度のご満足が、一生のご縁に。

写真館での撮影というと、七五三などのお祝いごとがまず思い浮かぶかもしれませんが、光潮社ではそれ以外にも就職試験やお見合いをはじめ、人生の契機となるさまざまなタイミングでご愛顧いただいています。

中でも業界内で多くのシェアを占めているのが、お受験用写真です。姿勢や表情の細かな違いがイメージを左右するため、撮影から仕上げに至るまでノウハウを注ぎ込み、挑戦を後ろ支えできるような一枚を目指しています。

そして合格に至ったお客様が、成人式や家族写真など別のシーンでまたご来店くださることも多くあります。一度ご満足いただいたことで数十年のお付き合いにつながっていく、そういったご縁の広がりもまた、私たちの強みです。

“良いもの”の価値を、
時代を越えて伝えたい。

他社との競争が激しくなる中、光潮社は新たな領域にも踏み出しています。そのひとつが、2014年にスタートした貸衣装事業「アレーズ」です。幅広いニーズにお応えできるよう試行錯誤しているところですが、衣装の品質には特にこだわっており、利用された方から「さすがだね」というお声をいただいています。

この貸衣装事業でも写真館事業でも、私たちの提供するサービスは他社と比べて高価格なものが中心。もっと手頃なところを選ぶ方も、もちろんいらっしゃいます。けれどそんな方々にも「いつかはあそこで」と思っていただけるような存在でありたい、そして“良いもの”の価値を時代を超えて伝えていきたい、そう考えています。

コミュニケーションを楽しめる方を、歓迎します。

歳をとっても第一線で働ける仕事だからこそ、私たちは意欲ある若い方を、長い目で育てていきたいと思っています。カメラの技術や専門知識は、はじめは無くても構いません。歴史ある写真館だからといって、緊張する必要も全くありません。

それよりも求めたいのは、明るく笑顔で人と接することです。写真館の仕事では「あの人に撮ってもらいたい」「あの人がいるからお店に行く」と思ってもらう、つまりファンになっていただくことが大切ですから。

写真館の撮影は、お客様と対話しながら、一緒につくり上げていくもの。そういったコミュニケーションを楽しめる方に、ぜひ仲間に加わっていただきたいと思っています。

写真で、人生に寄り添う。

JOB LIST 採用情報を見る

JOIN US

高い技術よりも、熱意に出会いたい。

今お持ちのスキルよりも、これからにかける思いを重視します。
あなたからのエントリーを、スタッフ一同、心よりお待ちしています。
※2021年度の募集は終了しました。

ENTRY